調性ラブライブ!

ラブライブ!及びラブライブ!サンシャイン!!の楽曲を、調性の観点から考察します。

ラブライブ!楽曲の調性一覧

この記事はラブライブ! Advent Calendar 2017 - Adventarの9日目の記事として公開されました。

昨日はダイヤちゃん推しの azihsoyn さんによる ラブライブ!サンシャイン!!9話が最高という話 - azihsoyn's blog でした。 ラブライブ!サンシャイン!! 1期の8話、そして2期の8話と9話……あまりに最高すぎて私も見るたびに泣いてしまいます。

はじめに

この「調性ラブライブ!」というブログは、去年のアドベントカレンダー をきっかけに作成したもので、ラブライブ!の楽曲を分析した結果をまとめてきました。 実は去年から「楽曲の調性一覧があったらなぁ……毎回耳コピし直したり思い出したりするのが手間だなぁ……」という思いがあったため、少しずつスプレッドシートにまとめていっていました。

調性一覧

ということで、一覧表です。

docs.google.com

全128曲1を対象に分析しました。

神パラやBD全巻購入店舗特典CDなどの希少価値の高いものは音源を持っておらず分析できていませんが、それ以外の100曲超は分析できました。ちなみにぷわぷわーおはスクフェスで発狂するほど聴いたのでいける。

調性一覧の使い方

いきなりよくわからない一覧表を見せられても……という方もいらっしゃるかもしれません。

調性には、それぞれ近い・遠いといった「距離」や、音階のもつ音色や有名曲によって付いた「イメージ」があります。この「距離」や「イメージ」を使って、考察したり萌えたりすることができるのです。

去年の記事を読んでいただければ、楽曲の調性からエモみを感じられることがわかるはずです。

学理クラスタ的おすすめ曲

一覧表を提示するだけでは味気ないので、ここで学理(音楽理論)クラスタ的おすすめな曲を3曲ご紹介していきたいと思います。

なわとび

変ホ長調(イントロ、メロ)、ホ長調(サビ)、ヘ長調(ラスサビ)

小泉花陽が少しずつ、確実に成長していく様子を描いた尊い楽曲。 変ホ長調から始まり、サビでホ長調に、そしてラスサビではヘ長調に転調。歌詞に合わせて 半音ずつ調が上がっていきます

花陽ちゃんの『ありがとう』の思いで成長(転調)していく、優しい性格が現れていて尊みを感じます。

ぷわぷわーお

嬰ヘ長調ハ長調(サビ)

狂気を感じる楽曲。 イントロ〜Aメロ・Bメロまで変ト長調なのに、サビでいきなりハ長調に転調。

調の距離を示す尺度に「五度圏」2というのがあり、これが近いほど調性の距離が近く、転調しやすいとされています。 この距離が一番遠い調に、準備もなしにさらっと移動してしまうところがこの曲の狂気を端的に表しているように思えます。

(CD持ってないんですが後半はもっと転調してる予感がします。CDほしい……)

私たちは未来の花

嬰ト短調(歌い出し)、ロ短調(イントロ、Aメロ)、嬰ヘ短調(Bメロ)、ヘ短調(サビ)、変ロ短調(サビ後半)

調性分析してみたら凄いことになってました。これは名曲ですね。

転調の様子を分析してみると以下のような感じでした。

サビへの転調以外は関係調3 (隣の調)への転調になっており、いつの間にか転調していた、というような演出になっています。

勇気を出してそれぞれの道へ旅立つ少女を歌う歌詞と同様に、楽曲の調性も移り変わっていきます。

おわりに

一覧をまとめている際に、以下のことに気づきました。

以前まではラブライブ!を象徴する調はホ長調だと思っていた4のですが、この一覧を作成したことによって別の可能性も感じられるようになりました。 知識の棚卸しを行うことで新たな気づきを得られる、というのはよいものですね。

ラブライブ!サンシャイン!!楽曲の調性一覧表については、TVアニメ2期の放送終了後、年明けくらいのタイミングで公開したいなぁと思っています。 決勝の曲の調性が何になるのか、目が離せません!


明日の担当は @daishi_902 さん です。よろしくお願いします!

ラブライブ!サンシャイン!!主要楽曲の調性とその意味について

この記事はラブライブ! Advent Calendar 2016 - Adventarの14日目の記事として公開されました。

昨日は@takustaquさんのヨハネちゃんと、一瞬の重要性 - かしこくもなりたいし、女の子にもなりたかった。でした。 1話の善子ちゃん、私もコマ送りしてキャプ撮りまくっていましたw アホ可愛いですよねw

はじめに

今回は「ラブライブ!サンシャイン!!主要楽曲の調性とその意味について」ということで、主要な曲(シングルのA面曲、アニメで使用された曲)について、その調性の意味を考察していきます。

今回取り上げる曲

  • 君のこころは輝いてるかい?
  • 恋になりたいAQUARIUM
  • 青空Jumping Heart
  • ユメ語るよりユメ歌おう
  • ダイスキだったらダイジョウブ!
  • 夢で夜空を照らしたい
  • 未熟DREAMER
  • MIRAI TICKET

※時間の関係上、ユニット曲は割愛します。また、各曲の細かい分析は今回はしません。(後日個別でやるかも)

各論

君のこころは輝いてるかい?

Aqoursの1曲目の楽曲。

この曲を初めて聴いた時、「どことなくμ'sの曲っぽいなぁ……」というか「僕今っぽいなぁ……」と思った方は多いのではないでしょうか。(私もそのクチです) というのもこの曲、「僕らは今のなかで」や「KiRa-KiRa Sensation!」などと同じホ長調の曲なのです。

ホ長調という調性は、μ’sの後半の非常に重要な曲でよく使われています。 (「KiRa-KiRa Sensation!」「MOMENT RING」「| さようならへさよなら!」) このことから、μ’sにおける「輝き」を表す調性として位置づけられているのかなと勝手に想像しています。 Aqoursの第一曲目がこの「輝き」を表すホ長調で始まる、ということは非常に意味のあることではないかと思います。

恋になりたいAQUARIUM

Aqoursの2ndシングルA面曲。

イントロ・サビはホ長調ですが、メロはニ長調です。 ニ長調

高尚で華美、雄大で宗教的。特に歓喜に適す。

というイメージのある調性です。^1 ホ長調とも相まって、人魚の美しさ、神々しさが表現されている調性となっています。

μ'sの楽曲では、ニ長調は部分的に使われることはあってもメインで使われている曲はほとんどないというイメージです。 ホ長調を残しつつニ長調を取り入れることで、ラブライブ!関係の楽曲であることを示すと同時に、Aqoursらしさを見せていく魅力的な調性であると言えます。

青空Jumping Heart

TVアニメOP主題歌。ハ長調

ハ長調

単純、素朴、しかし確然とした感じを出す。

というイメージの調性です。^1

TVアニメのテーマは

「0から1へ、今、全力で輝こう!」

というセリフからわかるように、「0から1を目指す物語」でした。 一方、ハ長調は♯も♭も付かない、まっさらな、始まりの調性、「0の調性」と言える調性です。 TVアニメ・ラブライブ!サンシャイン!!のOP主題歌にはぴったりの調性ではないでしょうか。

ユメ語るよりユメ歌おう

TVアニメED主題歌。ヘ長調

ヘ長調

平和、単純素朴、牧歌的、田園的。

なイメージの調性です。^1

TVアニメ・ラブライブ!では、1期のED「きっと青春が聞こえる」はハ長調、2期のED「どんなときもずっと」はト長調(♯が1つ)が用いられていました。 この流れで考えると、TVアニメ・ラブライブ!サンシャイン!!のED主題歌にヘ長調(♭が1つ)が来るということは自然なことのように思えます。

Aqoursがμ’sに憧れ、しかし自分たちの道を行くということを決めたように、ラブライブ!では♯が1つのト長調を、ラブライブ!サンシャイン!!では反対の、♭が1つのヘ長調を選んだということは象徴的です。

ダイスキだったらダイジョウブ!

作中では3話、ファーストライブで披露された楽曲。 転調が多く、初めて桜内梨子節^2が炸裂した曲ですね。梨子の意気込みが伝わってきます。 特にBメロの変ト長調。♭が6つの調であり、かなり深い調です。ここまで転調しているところは非常に力強さを感じます。

たくさん転調しつつも全て♭系の調性で遷移しており、爽やかさを感じられる調性です。

夢で夜空を照らしたい

Aqoursが沼津・内浦への思いをテーマに歌った楽曲。

この曲が披露された第6話で、千歌はこう語ります。

私、心のなかでずっと叫んでた。 助けてって、ここには何もないって。 でも違ったんだ。 追いかけてみせるよ、ずっと、ずっと―― この場所からはじめよう! できるんだ!

「青空Jumping Heart」の項にも書きましたが、ハ長調は始まりの調性。 Aqoursメンバー達の、「ここから始めるんだ!」という決意を感じます。

未熟DREAMER

作中では9話、沼津夏祭りで披露された楽曲。 ハ長調からひとつ移調して、ヘ長調

「ユメ語るよりユメ歌おう」の項にも書きましたが、平和・田園的・牧歌的な調性です。 Aqoursメンバーたちの、お互いを思いやる気持ちが素直に表現される調性であると言えます。

想いよひとつになれ

作中では11話、ラブライブ!予備予選で披露された楽曲。 堂々としたイ長調の曲。

イ長調

輝かしく隠しと希望に満ちる。単純、純粋、明快。

なイメージの調性です。^1 Aqoursメンバーのお互いを純粋に思い合う気持ちや、『0を1にすることはできるかもしれない』という希望を表現するのにぴったりな調性と言えるでしょう。

2話で梨子が「ユメノトビラ」を聴くシーンがあります。 「ユメノトビラ」は変ホ長調(フラットが3つ)なのですが、「想いよひとつになれ」はイ長調(♯が3つ)なので、少なからず影響を受けているのかもしれません。

MIRAI TICKET

作中では13話、ラブライブ!地区予選で披露された楽曲。

こちらも、桜内梨子節^2が炸裂した楽曲。 何度も転調しながらも、ゴールへの道は見失わずまっすぐに進むAqoursの力強さを感じます。 MIRAI TICKETは転調量は多いものの、転調の範囲は実はあまり広くなく、嬰ヘ長調変ニ長調などまでは跳躍していない、という点には注目です。

また、ホ長調がイントロでは登場するものの、それ以降一度も出てこないという点は非常に象徴的な感じがします。 作品の流れとして、μ'sとは別の道を行く! というストーリーでしたので、そういったことも暗に表現されているようです。

さいごに

これは私の勝手なイメージですが、μ’sを象徴する調はホ長調だと思っています。 ではAqoursを象徴する調って一体何調なんでしょう。始まりの調性であるハ長調、希望に満ちたイ長調………きっとそのあたりになるのではないでしょうか。

さしあたっては次のシングル、果南ちゃんセンター曲は一体何調になるのでしょう。 個人的にはイ長調ロ長調あたりになるように予想していますが……今後の展開にも期待ですね!


次は@psycommu_GGさんです。よろしくお願いします!

参考文献

各キャラクターのイメージ調性について(μ’s編)

この記事はラブライブ! Advent Calendar 2016 - Adventarの3日目の記事として公開されました。

はじめに

「調性ラブライブ!」とは?

『ラブライブ! School idol project』 を、楽曲の音楽理論、とりわけ『調性』 の観点から考察する独自研究(考察・遊び)のことです。

例)

今回は、自分の中でのμ'sのメンバーのイメージ調性というものをまとめていきたいと思います。

各キャラクターのイメージ調性について

早速まとめていきます。

μ’s (国立音ノ木坂学院)

高坂 穂乃果

絢瀬 絵里

南 ことり

園田 海未

星空 凛

西木野 真姫

東條 希

小泉 花陽

矢澤 にこ

※穂乃果・絵里は即決、ことり・にこ・真姫は非常に迷いました

調性による関係性の考察

こういった風にキャラに調性を当てはめてみると、ここから関係祭などを考察できるようになりいろいろ捗ります。

調性の距離によるメンバーの関係性の考察

主な着目点は、『平行調』『同名調』『属調』『下属調』のような近親調、そして遠い調、などです。 考えうるパターンをいくつか上げてみます。

  • 穂乃果と絵里、にこと真姫は『同名調』の関係。
  • ことりと海未は『属調下属調』の関係。
  • ソルゲ組(真姫・海未・絵里)は、順番に「ニ短調」「変ホ長調」「ホ短調」と半音階の関係になっています。
  • 花陽の「ヘ長調」と凛の「ロ長調」はちょうど正反対の調です。

曲の展開を踏まえた考察

曲の調性や転調の関係から考察することも可能です。

  • 「?←HEARTBEAT」はメロの部分が「ホ短調」、サビの部分が「変ロ長調」になっていす。のぞえりです。
  • 「なわとび」は、「変ホ長調」「ホ長調」「ヘ長調」と半音ずつ上がっていくことで、花陽の成長を表しているように感じます。
  • 「小夜啼鳥恋詩」は穂乃果を表す「ホ長調」です。
  • 「Love marginal」は「ハ短調」で、これは海未の「変ホ長調」の『平行調』です。
  • 「Love marginal」は「変ホ短調」で、これは海未の「変ホ長調」の『同主調』です。 ※12/11修正: 調間違えてました……でも大丈夫、ことほのには変わりありません。
  • 「スピカテリブル」は「嬰ト短調」で、これは南ことりの「変イ短調」の『同名調』です。

おわりに

それでは皆さんも、よき調性考察をお楽しみ下さい!

参考文献


明日のラブライブ! Advent Calendar 2016 - Adventar、4日目の担当はshanonimさんです。 よろしくお願いします!

『MIRAI TICKET』楽曲分析メモ

※12/13追記: ちょいちょい間違えてる

後で辿らなくてもいいようにメモ。